東京都知事選(31日投開票)は連休中日、告示後最初の日曜日を迎えた。
増田寛也元総務相、以外の候補を応援したら「除名」という締め付けが始まった。
この勧告を無視した豊島区区議。都知事選に新しい風を吹き込もうとしている。

小池百合子氏の応援に回った豊島区区議の議員名は?
細川 正博、藤澤 愛子、有里 真穂、松下 創一郎、芳賀 竜朗、池田 裕一、星 京子、磯 一昭、
河原 弘明、竹下 ひろみ、村上 宇一、本橋 弘隆、里中 郁男、吉村 辰明の14名です。


スポンサードリンク




この小池百合子氏応援の区議14名の開き直りとも思える行動がこれだ!
小池百合子氏の地元・練馬、豊島両区の区議は完全に『無視状態』で、区議バッジ
を胸に着けたまま小池氏をサポートしているのです。

「都民のための政治を選ぶのか、党のルールを選ぶのか。答えは一目瞭然です」
と完全に党に反旗を翻した形になっています。

池袋駅西口での第一声では、自民党の若狭勝衆院議員や、高野之夫豊島区長らが
マイクを握り、口々に小池百合子氏の『孤立無援』ぶりを訴え、同情票を集める作戦かも・・・。
専門家の見方では、100%の用意周到な選挙運動をしているという。

その極め付けが、6カ所で遊説。
選挙カーが動くと同時に、ウグイス嬢やビラ配布要員が一団となって移動し、
聴衆へのアピールはかなり慣れたプロ軍団という感じなのです。


スポンサードリンク




この連携の巧みさにどこからともなく、関係ないもう一つの与党(公明党)が、
一連の動きに絡んできています。
安保法制で火が付いた『安倍嫌い』の公明党支持者が、小池百合子氏を応援する
空気に変わっているとの情報もあるからです。

小池百合子氏は、以前からも公明党の女性支持者に応援されていました。
第一声にもかなり公明党支持者が、足を運んでいたとされています。
これについては、公明党からの締め付けは一切ありませんと言う公明党の女性支持者たち。

今回の都知事選で、自民党が締め上げも無視して「都民のための政治を選ぶ」として立ち
上がっている区議に、最後は笑って欲しいです。

小池百合子 応援 区議14名が「都連除名勧告無視」だと!? まとめ

選挙活動をしながら、候補者の輪が拡がっていくというのは、相当なフォローの風です。
結果がどうなるかですが『度胸ありますね』。

【2016-07-17 13:23 投稿記事】


スポンサードリンク