小池百合子氏が若い頃はアナウンサー(ニュースキャスターの“さきがけ”)だった。
『トルコ風呂』というネーミングを『ソープランド』に改名した話。
このアナウンサー時代から今思えば政治家の素質が備わっていたようですね。
小池百合子氏の仕事の切れ味が見て取れます。それでは検証してみましょう。

カイロ大学卒業後はアラビア語の通訳として活動していました。
PLO議長ヤーセル・アラファートやリビアのカダフィの会見では、
コーディネーター兼インタビュアーを務めています。


スポンサードリンク




1984年、東京大学に在籍していたトルコ人留学生ヌスレット・サンジャクリさんの
抗議を受け、『トルコ風呂』の名称が『ソープランド』に改められました。
小池百合子氏は若い頃のアナウンサー時代に、この青年(トルコ国)を当時から支援
しており、本人も後日新聞報道でそれを認めている。
小池百合子氏によれば、トルコ留学生の熱心な訴えを聞き、国家の尊厳を守るという
『大義』に加えて、俄然、彼への『共感』(=なんとかしてあげたい)が芽生えた結
果だったと振り返っています。


『ソープランド改名』という動きの中に、小池百合子さんが係わっていたとには驚き!
このようにアナウンサー時代から結果を出す仕事を小池百合子さんは行っています。
最後に必ず、形にする、結果を出す人という小池百合子さん。

1979~1985年まで、日本テレビ『竹村健一の世相講談』でアシスタントキャスターを
務める。1988年よりテレビ東京『ワールドビジネスサテライト』初代メインキャスタ
ーを務めます。1990年には日本女性放送者懇談会賞を受賞しています。


スポンサードリンク




●政界入り参議院議員

1992年の第16回参議院議員通常選挙を前に小池百合子さんは、複数の政党から立候補
の要請受けました。
「政治を変えるには大きな中古車を修理するのではなく、小さくても新車の方がいい」
との理由で、細川護煕が結党した日本新党にキャスターからズバッと入党し、比例区
で参議院議員に見事に初当選しました。


小池百合子氏は『万年候補者候補』と自虐ネタを披露しますが、小池百合子氏の上昇
志向の凄さにはただただ脱帽するばかりです。
初の女性総理の可能性は無くなったわけではありませんが、女性初都知事が生まれる
ことは間違いなさそうですね。

小池百合子さんは政界きってのセルフプロデューサーといわれますが、前職のキャス
ター経験の果実でしょうね。
絶妙なタイミングで仕掛けてくる勘の良さは誰にも真似できるものではありません。

あの元首相・小泉純一郎氏に、
『女は度胸!』『小池さんの度胸は凄いね!』
と言わしめました。
これは、小泉純一郎氏に小池百合子さんの何かの根拠があっての発言でしょう。
政治家に求められるのは見た目よりも政策です。
正直、都知事になったらすぐに議会を解散する!いや解散という雰囲気づくりから・・・?

小池百合子氏が若い頃アナウンサー・・・ まとめ

小池百合子氏は『政界の渡り鳥』という汚名ともとれる言われ方をしていますが、
逆節的に表現すれば、『機を見るに敏なり』とも言えるのでは・・・。
益々の活躍を期待しております。

【2016-07-08 16:50 投稿記事】


スポンサードリンク